イギリスの入国カードの書き方ポイント-初めてのイギリス旅行でも大丈夫

スポンサーリンク

f:id:drpoteco:20190406082212j:plain
出張や旅行で海外に行ったときの入国審査で必ず書かなくてはいけない入国カード。これを書かないと入国を拒否されてしまいます。
初めての国だと入国カードをどう書いたらよいかわからない場合もあって大変です。

いつもは中国出張ばかりですが、久しぶりにプライベートでイギリス(ロンドン)に行ってきたのでイギリスの入国カードの書き方についてサクッとまとめます。

これさえ見ておけば初めてのイギリス旅行も怖くない!!

スポンサーリンク

イギリスの入国カードを書くタイミング

イギリスに入国するときに必ず必要になる入国カードですが、地球の歩き方なんかを見ると「Landing Card(ランディング カード)」と記載されています。日本語直訳だと着陸カードですね。

空港について入国審査を受ける際に必要になるので、なるべくなら飛行機の中で書いておきましょう。だって飛行時間はたっぷり12時間もありますからね。

座席のシートポケットにLanding Cardが用意されているか、CAさんが配ってくれるはずです。なければCAさんに一声かければ用意してくれます。
※今回はANAで行ったのですが、座席シートポケットには用意されていなくて、離陸前にCAさんが配って回っていました。

飛行機の中で映画をこれでもかってくらい楽しんだり、日々の疲れをとるためにひたすら寝ていた人は入国審査のカウンター付近にLanding Cardが用意されているのでそちらで書きましょう。

ただスムーズな旅の為には重要なので何度も書きますけど、

入国カード(Landing Card)は飛行機内で書く!!

イギリスの入国カードの記載項目

f:id:drpoteco:20190406082510j:plain
では実際に何を書けばよいのか!?ですね。
先に書いておきますが、くれぐれも日本語ではなく英語で書いてください。

ちなみに今回のLanding Cardですが、しっかり日本語も記載されているバージョンでした。

Family name (姓)

日本語表記がないと毎回迷います(笑)
普通に考えたら家族のnameだから苗字ですよね。

First name(名)

ついつい最初(First)だから苗字を書きたくなりますが、名前ですよ。

Sex(性別)

男性ならM(male)、女性ならF(female)にチェックします。

Date of birth(生年月日)

ここはちょっと日本とは書き方のルールが違うので注意
「日月年」の順で書きます。
DD→日
MM→月
YYYY→年
例)2000年4月1日 ⇒ 01042000

Town and country of birth(出生地、国)

例)CHIBA, JAPAN

Nationality(国籍)

例)JAPANESE

Occupation(職業)

会社員であれば「OFFICE WORKER」
学生なら「STUDENT」
主婦なら「HOUSEWIFE」

他は。。。

Contact address in the UK(in full) (英国での住所、連絡先)

旅行なら宿泊するホテルの住所を書きます。

Passport no.(パスポート番号)

パスポートに記載されているものをそのまま書きます。

Place of issue(パスポート発行国)

JAPAN

Length of stay in the UK(英国内滞在期間)

例)5DAYS、2WEEKS

Port of last departure(搭乗地)

例)HANEDA、NARITA、OSAKA

Arrival flight/train number/ship name(搭乗便名)

搭乗してきた飛行機/ユーロスターの便名/船の名前を書きます。
例)NH211

Signature(署名)

パスポートと同じように書きましょう。

初めてのイギリス旅行でスムーズに入国カードを書く方法

先程も書きましたけど重要なのは飛行機の中で書くことです。

なので、機内にはボールペンを1本持ち込むのを忘れないように。
機内に持ち込むカバンとかに入れておけば良いですよね。

飛行機内は時間帯によっては照明が暗くなってしまう場合もありますが、食事前になれば明るくしてくれるので焦らず待って明るくなったら落ち着いて書きましょう。

日本からの飛行時間はたっぷりあるので飛行機内で忘れずに書くようにすることが最大のポイントです。

最後に

これで入国審査が厳しいと言われているイギリスへの入国も一安心ですね。
入国カードとパスポートを入国審査官に渡してハンコを押してもらえればいざイギリス入国です。
※そのかわり出国の時は審査はなくてセキュリティチェックのみです。

入国審査官ですが、色々聞いてくる審査官もいればそうでない審査官もいたりで様々なようでした。
ちなみにボクは

  • 入国目的
  • 滞在期間
  • 帰りの目的地(eチケットのコピーを見せました)

なんかを聞かれました。

それでは楽しいイギリス旅行を。
Good Luck!!

今回のイギリス旅行には先日購入した
サンコー – スーツケース WIZARD Amazon限定モデル(96L)を持っていきました。

タイトルとURLをコピーしました