好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

2017年の第71回東葛駅伝が終わったので、上位入賞校の結果を眺めてみる

f:id:drpoteco:20171022105021j:plain 台風が近づく2017年10月21日(土)にシトシトと雨が降り続く中、第71回の東葛駅伝が無事に終了しました。
翌日の日曜日(本ブログのエントリー日)は更に雨が強いのである意味、土曜日に開催されて良かったのかもしれませんね。

チェック!! 2017年の第71回東葛駅伝結果!!優勝は2年連続で白山中 - 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ
※まだ第71回東葛駅伝の結果を見ていない方は↑↑↑

そんな雨の降る日曜日は台風も近づいているので外出せずに東葛駅伝の結果をボヘーーと眺めてみました。
きっと皆さんも今日は引き籠りでしょ?
あっ選挙か...

東葛駅伝のコース

東葛駅伝のコースは毎年スタートとゴールが入れ替わります。

しかも野田市から南下して松戸市がゴールになる場合のゴールは「松戸市立中部小前」ですが、逆に松戸市から野田市に北上する場合のスタートは「松戸市民劇場」となります。
野田市側は常に「野田氏総合公園陸上競技場」です。

松戸市側が毎年変更になるため10区間の総走行距離が若干変わりますが、およそ32kmです。

2017年
スタート:野田市総合公園陸上競技場
ゴール:松戸市立中部小前

2016年
スタート:松戸市民劇場
ゴール:野田市総合公園陸上競技場

2015年
スタート:野田市総合公園陸上競技場
ゴール:松戸市立中部小前

2014年
スタート:松戸市民劇場
ゴール:野田市総合公園陸上競技場

2017年入賞校の順位遷移

順位 学校名 タイム 2016年順位 2015年順位 2014年順位
第1位 白山中 1時間39分50秒 1位
1時間40分48秒
2位
1時間41分25秒
1位
1時間40分03秒
第2位 湖北中 1時間41分36秒 7位
1時間42分36秒
5位
1時間41分56秒
3位
1時間41分24秒
第3位 小金北中 1時間42分07秒 14位
1時間43分39秒
21位
1時間44分48秒
21位
1時間44分25秒
第4位 我孫子中 1時間42分43秒 6位
1時間42分31秒
10位
1時間43分06秒
5位
1時間42分20秒
第5位 久寺家中 1時間43分07秒 5位
1時間42分21秒
17位
1時間44分24秒
25位
1時間44分49秒
第6位 西初石中 1時間43分25秒 12位
1時間43分32秒
48位
1時間47分11秒
58位
1時間48分44秒
第7位 流山北部中 1時間43分36秒 29位
1時間45分16秒
8位
1時間42分56秒
10位
1時間42分45秒
第8位 鎌ヶ谷五中 1時間43分41秒 35位
1時間46分00秒
4位
1時間41分52秒
8位
1時間42分39秒
第9位 松戸一中 1時間43分54秒 33位
1時間45分47秒
44位
1時間46分55秒
13位
1時間43分03秒
第10位 柏二中 1時間44分15秒 48位
1時間47分35秒
24位
1時間45分03秒
14位
1時間43分04秒

4年間の順位遷移から見えてくるもの

4年間の順位を見てみると常に強い中学校や最近伸びてきている中学校など色々と見えてきます。

4年間常に入賞しているいわゆる強豪校

まずは東葛駅伝好きな方であればここに記す必要もない白山中
2015年に小金中に敗れ2位となりましたがその他の年の大会では全て優勝。
今年も2位の湖北中に1分46秒の大差をつけての圧勝でしたね。

こちらも上位安定な湖北中
今年2位だった湖北中ですが、2014年も3位ということで4年間でベスト3が2回とかなりの強豪校です。
来年は優勝狙いでしょうね。(今年もそうだったかもしれませんが...)

そして我孫子中
こちらも4年間常に10位以内の入賞を果たしています。
2017年と同じコースだった2015年のタイムと比較すると23秒短縮されています。
来年はベスト3を目指してくるでしょうね。

ということで強豪校3校は全て我孫子市の中学校です。
恐るべし。

ただいま急上昇中

4年間で着実に順位を伸ばしている中学校があります。

小金北中は昨年の14位から今年は3位
2017年と同コースだった2015年からは2分41秒もタイムを詰めています。

またまた我孫子市から久寺家中(クジケと読む)
順位は昨年と同じ5位ですが、2014年の25位から毎年着実に伸びてきています。

そして久寺家中以上に伸びまくっているのが今年6位の西初石中
2014年は58位(70校中)だったのでもの凄い伸び方ですよね。
単純に強い生徒が増えたというだけではなくて指導している先生の強い影響があるのでしょうか。

順位がばらつく中学校

流山北部中(7位)、鎌ケ谷五中(8位)、松戸一中(9位)、柏二中(10位)は毎年順位が乱高下しているので来年の順位がなかなか予想しづらい。

最後に

東葛飾エリアの公立中学校が参加している駅伝大会です。公立中学校であれば学区があるので、高校野球常連校なんかとは違って優秀な選手を引っ張ってくることは基本出来ない大会です。

にもかかわらず常勝チームがあったりするのは不思議ですよね。
指導している先生も基本的には公務員なので異動がつきまといますし。

常に優勝争いをしている白山中が来年どうなるか楽しみですね。
優勝すれば3連覇。

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.