好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

献血70回の銀色有功章の記念品が千葉県赤十字から届いたので大公開

f:id:drpoteco:20171231155242j:plain 現在の生涯献血回数は72回なんですが、70回目の献血を記念して日本赤十字社から記念品が贈呈されました
とはいえ、その時に直接手渡しではなく郵送されてきました。
欲しい人はいないと思いますが、どんなものが送られてきたか大公開!!

2017年の献血記録

2016年の献血回数はわずか4回で生涯でもっとも献血回数が少ない1年に終わりました。
今年は頑張るぞ!!と1月から活動を開始するもなかなか回数は伸びずに結局、昨年の回数を1回だけ上回る5回で終了。
なんとか2016年よりも多く献血することができました。

献血から足が遠のいてしまう

献血の回数が伸び悩む原因として大きなものは「平日に行けない」ことですね。
仕事が終わってから行こうとしても献血ルームが既に閉まっているので行くとしたら、お日様が出ている時間帯になってしまいます。
とはいえ会社の休みが土日の場合、平日に仕事抜け出して行くなんてことは「基本」ありえないわけです。

じゃあ、土日は!?ってなるけど色々と用事があったりで難しいんですよね。
子どもがいるとなおさら。

そして、ボクの場合は年に数回ではあるけど海外に出張に行くので、帰国後4週間は献血NGとなってしまいます。

このあたりが献血の回数が伸び悩む原因ですね。

献血70回(銀色有功章)の記念品はガラスのグラス

日本赤十字社では献血回数10回、30回、50回および50回到達者で以後50回ごとに献血者を表彰しています。さらに献血回数70回以上の場合は銀色有功章(ガラス盃)献血回数100回以上の場合は金色有功章(ガラス盃)として表彰しています。

一般的にはちょっと中途半端なんですが、今回は節目の70回目に到達したので記念品が贈られてきました。
70回目の献血の時に「記念品は忘れた頃に届きます」なんて言われていた通りに忘れていた頃に届きました。

f:id:drpoteco:20171231155604j:plain

ガラスのグラスですね。
どう考えても使い道がないです。
もしかすると一般の生活の中で使うものではなく、飾っておくものなのかもしれませんが、とにかく我が家においてはこのガラスのグラスの使い道が思いつきません

f:id:drpoteco:20171231155620j:plain

そして片手サイズの表彰状が同封されていました。

ガラスのグラスの作者は多田美波さん

f:id:drpoteco:20171231155711j:plain こちらの記念品のガラスコップの作者は多田美波さん
10回、30回、50回の時に貰えるガラス盃も同じく多田美波さんの作品です。

2014年に亡くなられたんですね。
それにしてもこの記念品がヤフオクやらメルカリやらに結構出品されていますね。
みんな使い道なくて出品なんでしょうが。。。

最後に

最近は年間に5回くらいしか献血できていませんが、地道に細く長くやっていきたいなと思います。
血液は人工的に造ることができないものです。病気やけがで血液を必要としている人には献血という手段以外に血液を提供することができません。
献血の条件をクリアしている人は是非献血に行きましょう。

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.