読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

ふるさと納税した茨城県坂東市からお米がどっさり20kg届いた

ふるさと納税

f:id:drpoteco:20170211221052j:plain 先日、茨城県坂東市から常陸牛が1kg届いたことをエントリーしたばかりですが、

立て続けにお米がどっさり20kg届きました。

ふるさと納税のワンストップ特例制度

ここ数年でふるさと納税をする人が増えた要因のひとつに

ワンストップ特例制度

があります。

ワンストップ特例制度とはなんなのか?

ふるさと納税が始まった当初、ふるさと納税した人は確定申告をする必要がありました。
一般企業で働いていている場合、自分自身で確定申告するケースは少ないですよね。

最近だと住宅を購入した場合、住宅ローン控除を受けるために購入した初年度に確定申告をしに税務署に足を運んだ経験がある人も多いかと思います。

また、年間の医療費が10万円を超える場合、医療費控除を受けるために確定申告に行った人もいるかもですね。

普段やらない確定申告を自分でするということは相当な手間で面倒くさいですよね。
だって普段やらないことを時間を割いてやらなくてはいけないわけですから。

ふるさと納税に関しても確定申告が必要だったのですが、この『ワンストップ特例制度』が導入され、一定条件であれば確定申告の必要がなくなりました。

■ワンストップ特例制度が使える条件 ・確定申告をする必要のない給与所得者である
※年収2,000万円越える人(オレ違う)、医療費控除や住宅ローン控除で確定申告が必要な人はダメ

・1年間の寄付を行う自治体が5自治体以内である
※同じ自治体に複数回寄付しても自治体数は「1」

人によっては普通にクリアできる条件ですよね。
このワンストップ特例制度が導入され一気にふるさと納税の利用者が増えたのも頷けます。

茨城県坂東市に2回目の寄付

既に2016年は5自治体に寄付済みでした。

以前のエントリーで10,000円の寄付でお米が20kgもらえる自治体を調べていたんですね。

・・・にもかかわらず

すっかりお米を貰うのを忘れていました。

ただワンストップ特例制度のルール内でふるさと納税を行いたいので、既に寄付した5自治体でお米をお礼の品としているところに寄付するしかない。

調べてみたら茨城県坂東市がドビンゴ!!

狙い通り10,000円で20kgのお米がもらえます!!

既に時は12月でふるさと納税できるギリギリのタイミングだったので即効申し込みました。

お米20kgは我が家なら4ヶ月分の米

お米20kgあったら何ヶ月お米を買う必要がなくなりますか?

この回答は家族構成によってバラバラだとは思いますが、

我が家なら4ヶ月以上5ヶ月未満

子どもが小さいのでわりと持ちます。これが食べ盛りの高校生とかいたら2ヶ月くらいでしょうか。

こちらが茨城県坂東市から届いたお米20kgです。
f:id:drpoteco:20170211221852j:plain

安定のコシヒカリです。

やっぱりなんだかんだ言って昔からあるコシヒカリって美味しいですよね。
トップブランドは新潟県魚沼産なんでしょうが、その他の地域で作っているコシヒカリも負けず劣らず美味しいです。

ふるさと納税のすすめ

まだふるさと納税をしたことない人には強くふるさと納税をおススメします。
本当にデメリットがないです。

最近はふるさと納税関連のムック本が数多く発売されていて、初めての人でも理解しやすい説明がしっかりと書かれているので1冊手に入れてみてもよさそうですね。

さらにいわゆる「ふるさと納税ポータルサイト」がいくつもあるのでそちらを利用するのが簡単です。

ふるさと納税ポータルサイト ■さとふる
ふるさと納税「さとふる」 | 利用意向NO1のふるさと納税サイト

■ふるなび
わずか3分でふるさと納税はこちら!

■ふるさとチョイス
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる

■楽天ふるさと納税
【楽天市場】ふるさと納税|納付先の自治体、寄附金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」

特に楽天のふるさと納税は楽天スーパーポイントが付与されるので楽天ユーザには絶対おススメ。

税金納めて楽天スーパーポイントもらえるなんて!!

10万円で1,000ポイントか・・・

やるわな。

最後に

実はあと一品届く予定のものがあります。
これも既に寄付済みの自治体に2回目のふるさと納税を行ったものです。

季節物なんで、その時期になったら届く予定ですが、きっと2017年度のふるさと納税が始まっていますね。
また届き次第報告予定です。

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.