好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

【ふるさと納税】北海道古平町の辛子明太子2kgは大迫力

相変わらずふるさと納税駆け込み中ですが、ふるさと納税のポータルサイト『ふるさとチョイス』を見ているとこんなお得なものがあるのかと嬉しくなってしまいます。

前回は北海道上士幌町からアイスを21個も貰ったのですが、もの凄い消費スピードでアッという間になくなってしまいました。
年末年始に向けて追加で欲しいくらい美味しかったのでおすすめ。

今回は同じく北海道の古平町から辛子明太子が2kg届きました。

北海道古平町

北海道の大きな都市は知っている人けどこの古平町は初めて聞く町名でした。
そもそも「古平」は何て読むんだよ!?
ってことでそんな時はWikiです。

古平町(ふるびらちょう)は、北海道西部、積丹半島の北東側に位置する町。後志総合振興局に属し、一町で古平郡をなす。
町名はアイヌ語の フレピラhure-pira[赤い・崖]、フルピラhur-pira[丘・崖]など、由来については町内の地形に基づいた諸説がある。

古平町 - Wikipedia

辛子明太子2kg

北海道古平町にふるさと納税して何をお礼の品として貰おうかと考えていたのかというと「辛子明太子」

辛子明太子にするか普通の明太子にするか悩みどころではありますが、我が家は辛子明太子を選択。

古平町のふるさと納税の返礼品には辛子明太子も普通の明太子も両方あるので悩んでください。
どちらも1万円の寄付で2㎏も貰える。

f:id:drpoteco:20171118221044j:plain

しかもたらこの形が崩れてしまった「ばら切」で良いのであれば更に増量されて3kg
ご飯のおともに食べたり、たらこパスタにしたりするならこれで十分ですよね。

ちなみに北海道古平町の辛子明太子は「株式会社よ吉野」から送られてきます。
「よ吉野」はタイプミスとかじゃなくて合ってます!!
ホームページのアドレス見てみると「http://www.yojirushi-yoshino.com/
よじるし吉野と読むのが正しい社名なんでしょうかね?
ページの最下部のCopyrightのところも「YOJIRUSHI YOSHINO CO.,LTD.」です。

他の市区町村の辛子明太子

明太子と言えば北海道より福岡県の方が有名ですかね?
そんな福岡県にも明太子をふるさと納税の返礼品としている自治体だありましたよ。

福岡県那珂川町の「博多の味本舗 辛子明太子切れ子1kg(6仕切付)」

こちらは切れ子ですね。
1万円のふるさと納税で1㎏の辛子明太子がお礼の品としてもらえます。

福岡県志免町の「フードアドバイザー厳選!本場博多辛子明太子上切子(小)たっぷり1.2kg(300g×4箱)」

こちらも切れ子ですが、さきほどの那珂川町のものより形が崩れています。
その代わりたっぷり1.2kgの辛子明太子、こちらも1万円のふるさと納税でもらえます。

今年のふるさと納税状況

これでふるさと納税5自治体目ですが、今年は医療費控除で確定申告する関係でワンストップ特例制度は利用しません。
なので、限度額までたっぷりふるさと納税できます。

自分の限度額がどのくらいか知るには簡単にシュミレーションができるので気になる人は今すぐチェック!!

チェック!! 控除金額シミュレーション | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

最後に

疲れて仕事から帰ってきて一人で食べる寂しいご飯も辛子明太子があったら幸せな気分になれます(個人差あり)

ちなみに今日もワタクシ一人寂しくご飯を食べましたが、しっかり辛子明太子をONご飯して一人ニンマリしてしまいました。

ただ、明太子にもプリン体が含まれているため、過度の取りすぎには注意しないと痛い目を見る恐れが...

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.