好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

ばんから角煮屋のラーメンを食べて豚の背脂摂取がたまには必要と認識

f:id:drpoteco:20171113215621j:plain ここ最近は絶賛ダイエット中なため、背脂が入っているようなこってりなラーメンは極力避けています。
中華料理屋でスーラータンメンや坦々麺を食べることはよくありますが、日本の背脂たっぷりラーメンとは明らかに方向性が違います。

※だからと言ってダイエットに良いものかどうかは別問題

ものすごく久しぶりに背脂がスープの上にゴロゴロ転がっているラーメンを食べてみたら、たまにはこの背脂摂取も必要だねと思ったお話です。

ばんから角煮屋 武石IC店

ちょっとこの日の午前中は肉体的にきつい事をやっていたせいもあって、お昼はラーメン食べようと決めてました。
やっぱり疲れているとガッツリ食 べられるものに惹かれてしまいます。

京葉道の武石ICを降りて偶然にも通りかかった「ばんから角煮屋」に一直線に吸い込まれる笑
ちなみに「ばんから角煮屋」がどのようなラーメンを提供しているのかまったく分からないままの入店。
お店の店構え的になんとなくラーメン屋か?ということは思っていましたけどね。

ばんから角煮屋 武石IC店 住所:千葉県千葉市花見川区武石町1丁目508−4
営業時間:11:00~2:00
定休日:無休
公式サイト:http://www.ramen-bankara.com/

注文は醤油ラーメン(煮玉子入り)

注文は店内は行ってすぐの券売機です。
初めてのお店は左上のメニューを狙えの法則に則って「醤油ラーメン」を選択しました。
煮玉子はなんとなく醤油ラーメンにはトッピングが必要かなと。

f:id:drpoteco:20171113215354j:plain

まもなくしてラーメンが着丼です。
背脂が結構入っています。
この近辺で背脂ラーメンの有名店だと「なりたけ」があるのですが、あの背脂はラーメンスープの温度を下げないようにするための蓋の役割があると聞いたことがあります。

「ばんから角煮屋」のラーメンスープに浮いている背脂は量は多くないもののしっかりとした存在感がありますね。

スープは若干の甘さを感じるスープで凄く飲みやすいです。
その飲みやすさ故に背脂もゴロゴロ喉を通過していきます笑

煮玉子も好みの半熟。
味も染みていてやっぱり醤油ラーメンには煮玉子は必須のトッピングアイテムだなと。

f:id:drpoteco:20171113215419j:plain

テーブル上には生にんにくが置いてありましたが、この日は平日ど真ん中で明日も仕事があったので遠慮しましたが、翌日に仕事がなければ間違いなく絞ってましたね。

最後に

本当ならライスとかも注文したいところでしたが、ダイエット中のため(?)遠慮しました。
その代わりに背脂が浮いていたスープは一滴残らず飲み干してしまいました。(イミナイ)

ご存知のとおり、ラーメンのスープってかなり塩分が高いんですよね。
勢いでスープを飲み干したのはいいですが、このあとしばらく喉がカラカラで水分補給がとまらなくなりました。

あと翌日はなんだかお肌のつやが良かったように思うのですが、背脂効果でしょうかね?

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.