好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

インフルエンザの脅威!!更に怖い子どもを襲うインフルエンザ脳症

f:id:drpoteco:20170208182317j:plain 今年もインフルエンザがかなりの猛威をふるっていますね。
ボクの周りでもインフルエンザに罹ってしまった人が何人かいますし、子どもが通う幼稚園、小学校では学級閉鎖になるクラスがいくつもあったりします。

幸いにも我が家は直接インフルエンザの被害はないですが、2年連続インフルエンザに感染している輩がいるので注意しないといけないです(ダレ?)

インフルエンザの初期症状

良くインフルエンザは風邪の症状に似ているから気付きづらいなんていいますけど、2年連続インフルエンザに罹っている人間から言わせると明らかに違う!!

もう体がつらさが風邪とは比べ物にならない。
熱も半端なく上がりますし、「コレはやばいな」って感じるはずです。

とは言え、確かにインフルエンザの主な症状は風邪と同じなのでやばいかなと思った人は病院に行きましょう。

インフルエンザの初期症状

  • 急な発熱 しかも高熱(38℃~40℃)
  • せき
  • 頭痛
  • 関節痛 発熱していると関節痛がでる
  • 寒気

普通の風邪でも同じような症状でますけど、つらさは比べ物になりません。

インフルエンザの予防に効果がある!?

この季節になるとインフルエンザ予防としてこれがいい、あれがいいなんて話を良く耳にしたり目にしたりしますが、R-1やコーラなんてのも予防効果があると言われているとかいないとか。

明治 R-1

昨年、話題になり近所のスーパーから姿を消しました(笑)
1本120円くらいで販売されている結構、高価な飲むヨーグルトです。
※普通のヨーグルトタイプもあります

ピロリ菌の時は同じく明治から発売されているLG21に大変お世話になりましたが、インフルエンザ予防にはR-1です。

コカコーラ

海外では風邪の特効薬としてコーラが利用されているようです。
コーラに含まれる成分と風邪薬に含まれる一部成分が同じなんでしょうね。
とは言え日本でコーラは単なる炭酸飲料でしかないので、やばくなったら医者に行きましょう。

脱水症状にも気をつけよう

昨年の3月にインフルエンザに罹ったのですが、その時にもの凄い脱水症状に襲われました。
もうグルグル目が回ってリビングを這いつくばってましたから。
しかもそんな時に限って、家族は誰もいなくて危うくそのまま一人でくたばるところでした。

熱がでると汗で体内から水分がどんどん出ていってしまうので、水分補給が絶対に必要です。
水を枕元に用意しておきましょう。

インフルエンザ脳症

本当に怖いのは死に至ることもあるインフルエンザ脳症。
一般的にインフルエンザ脳症は5歳以下の幼児に発症するケースが多いようです。

症状としては以下の通り

  • けいれん
  • 意識障害
  • 異常行動

幼児は自分で意思を表示するのがまだまだ難しいので、子どもの調子が悪い時は親がしっかりと見てあげる必要があります。
少しでも「おかしいな」と思ったら病院に連絡するなどの行動をおこしましょう。

当然、インフルエンザに罹らなければインフルエンザ脳症になることもありません。
まずは日常の手洗いうがいをしっかりやることでインフルエンザ予防を行いましょう。
幼児はなんでも口に入れますからね。

最後に

インフルエンザの予防接種を受けたからといって油断はできません。
基本的に予防接種ではその年に流行しそうなタイプのインフルエンザウイルスに対しての予防なので違うタイプのインフルエンザに対しては予防ができていないのです。

実際に2年前は予防接種をしていたにもかかわらず感染しました。
昨年はインフルエンザの予防接種をしないでR-1やコカコーラを積極的に飲んでいたのですが感染しました。

やっぱり普段からの地道な手洗いうがい、そしてマスクがもっとも効果があるのかもしれませんね。

そして更に重要なのが万が一インフルエンザに感染してしまった時は完治するまで外にでないこと!!
インフルエンザウイルスを学校や会社で撒き散らしたら一大事です。

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.