読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

Pepperの普及台数と導入費用がどの位かかるか気になりませんか

日常生活

f:id:drpoteco:20160214230820j:plain 街のいたるところで見かけるようになってきた白いロボット。 土日のショッピングモールに行くとかなりの確率で遭遇します。しかもあの愛くるしい顔で、アレコレ進めてくる超優秀なスタッフ。 不愛想な生身の店員より数倍、購買意欲がわいてくる。

そんなソフトバンクから発売されたPepperの存在を知らない人はかなり少数派になってきましたね。
ソフトバンクのお店以外でもPepperを目撃する事が増えてきたんですが、いったいどれくらい販売されているのか調べてみたお話です。

Pepperの販売台数はどのくらい

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1512/09/news039.htmlwww.itmedia.co.jp

こちらの情報によると

2015年6月から11月までは毎月1,000台を完売している。
12月からは1,300台を販売している。

12月から2016年1月の2ヶ月間も販売した1,300台をそれぞれ完売しているハズなので2015年6月からの販売台数は8,600台程になりますかね。

法人向けがどの程度の台数なのか分からないですが、販売台数の割にはあまり見かけないですね。

フルタ製菓のフルタ君はPepperなのか

フルタ君知ってますか?
http://www.furuta.co.jp/movie/cm2.html

これはセコイヤチョコレートでお馴染み?のフルタ製菓がCMで起用しているロボットです。
セコイヤチョコレート子どもの頃、よく食べましたよね。
今でも「おかしのまちおか」とかに行くと売ってるので大人買いしちゃいます。 f:id:drpoteco:20160214230839j:plain

二人(体)を比べてみると、明らかに違いがありますね。
最初同じPepperかと思ったのですが、全くの別ロボットでしょう。

Pepperの価格はどのくらい

ちょっとPepperに話を引き戻します。
この人型ロボットを手に入れるとしたら、いったいお金はどのくらいかかるのでしょうか。

一般販売モデル

まずは一般販売モデル

Pepper本体
198,000円

Pepper基本プラン
14,800円 x 36ヶ月 = 532,800円

Pepper保険パック
9,800円 x 36ヶ月 = 352,800円

トータル 1,083,600円(税抜き)、1,170,288円(税込み)

Pepper基本プランは会話機能や感情機能、ロボアプリなど、Pepperとの生活に必須のコンテンツを利用できるようにするためのものになるので加入は必須です。
これがないとPepperはただの置物です。

Pepper保険パックはその名の通りPepperが不調になった時の保険です。
修理するにも30万円から70万円掛かることもあるようでこの保険パックに入っていると商品の出荷から180日は無償で修理が受けられ、その後も修理費用(修理基本料、作業費、部品費、配送費)の最大で90%をカバーしてくれます。

法人向けモデル

こちらは、一般販売中のPepperをベースに、受付や声かけなどビジネスに活用できる法人向けアプリケーションを標準搭載したモデルとなり、レンタルプランとなっています。

Pepper本体
27,500円 x 36ヶ月

Pepper for Biz 基本プラン
27,500円 x 36ヶ月

トータル 1,980,000円(税抜き)、2,138,400円(税込み)

それとロボット手続き手数料が9,800円掛かります。
あとオプションサービスがあります。

Pepper for Biz あんしん保証パック
9,800円/月
「お客さま責任」による故障時の修理費用を減額してくれます。 
※故障診断費3万円のみ発生

最後に

会社で購入する場合は、個人名義で購入して使うのが安いわけですが、法人向けのアフターサービスはかなり充実していそうなので会社がお金出してくれるならPepper for Bizにしておきましょう。

さて、買ってもらうかな。

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.