読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ

だって気になるんだから仕方ないじゃない!?

中国のグレートファイアウォールを突破する為の6つのVPN接続サービス

以前、中国に行った際にFacebookやtwitterがことごとくグレートファイアウォールに阻まれて寂しい想いをしました。

来週からまた仕事で中国に行く事になったので今回は無料のVPN接続サービスを試してみようと思います。

グレートファイアウォールってどんな仕組み

中国で行われているインターネットの検閲システムで中国国内ではGoogleやFacebook、twitterが繋がらないというのは有名な話ですね。

まぁ、実際に中国に行った際に繋がらなかったです。
LINEは繋がっていました。

実際にどのような仕組みで接続をブロックしているのかについて以下で詳しく書かれていますので興味のある方はどうぞ。

https://www.techinasia.com/great-firewall-china-works-infographic/

簡単に書くと、以下の4段階でチェックしているようです。
1.DNS BLOCK
 打ち込まれたURLがブロックリストにないか

2.CONNECT PHASE
 接続先のIPアドレスがブロックリストにないか

3.URL KEYWORD BLOCK
 URLに禁止ワードが含まれていないか

4.PAGE SCANNING
 ページ内を全スキャンして内容がOKか

無料で提供されるVPN接続サービス

VPN Gate

http://www.vpngate.net/ja/

筑波大学が行っている学術実験プロジェクトでTOPページの下のほうに以下の注意書きがありました。

国家の検閲用ファイアウォール管理者への警告
VPN Gate サービスが提供する VPN サーバーリストを貴国の検閲用ファイアウォールの IP 遮断リストとして使用することを禁止します。
VPN サーバーリストには誤った IP アドレスが含まれていることがあります。
このサーバーリストを検閲用ファイアウォールに投入すると、意図しない不具合が生じる場合があります。
そのため、検閲用ファイアウォールの IP 遮断リストの管理のために、VPN サーバーリストを使用してはなりません。

パンダVPN

http://www.pandavpn-jp.com/

とこが提供しているサービスか見つけ出すことができませんでした。

有料で高速サービス版があるようです。月額300円

VPN Free

http://vpnfree.xyz/

もうページの作りも上のパンダVPNとそっくりですし、電気通信事業者届出番号もパンダVPNと同じなので同じ業者さんのサービスなんでしょうね。

Hotspot Shield

http://hotspotshield.biz/

PCのホームページを見るとWondowsとMacようしかないのかと思いましたが調べてみるとAndroidやiOSでも使えるアプリがリリースされていました。

■Hotspot Shield VPN WiFiセキュリティ
[Android]
https://play.google.com/store/apps/details?id=hotspotshield.android.vpn&hl=ja
[iPhone]
https://itunes.apple.com/jp/app/hotspot-shield-vpn-proxy-for/id443369807?mt=8

スイカVPN

http://suika-vpn.com/

有料サービスですが2週間のトライアル版があります。ひとまず2週間のトライアル版で試してみてもよさそうですね。

どこでもVPN

http://www.dokodemo-vpn.com/

こちらも有料サービスですが3日間のトライアルがあります。今後の中国での利用が可能かどうかを検討するには3日間使えれば十分ですね。


マイIP
http://www.interlink.or.jp/service/myip/join.html

有料サービスですが最大で60日間の無料トライアルができます。
インターリンクが運営するサービスなので安心感がありますね。

どれを試してみるか

今回は無料提供されているVPNサービスとして筑波大学がやっている学術プロジェクトと言うことで「VPN Gate」と有料サービスの「スイカVPN」「どこでもVPN」をそれぞれ試してみようかなと思っています。

試してみた結果はまた改めてブログでご報告します。

Copyright© 好奇心 x 探求心 = やじうまゴコロ All Rights Reserved.